クレジットカードの仕組みについて
2016.10.26

subimg01クレジットカードは一見複雑そうに見えるため、使用していない人が少なくありません。しかし、わずかなポイントをつかむことによって、簡単でつかいやすい物だとわかります。仕組みを理解することは社会人として当然なので、ぜひ覚えて活用してください。一般的な手順として挙げられるのは、消費者が買い物にでかけ、カードを使用して料金を支払います。この時、使用されるカードを発行したカード会社によって料金が代行されます。代行された料金は1ヵ月後にカード会社を通じて請求が来るので、銀行口座を指定して引き落とすことで、支払いは完了です。大きなメリットとして挙げられるのは、カード会社を通じて料金を代行してもらうことで、料金をまとめて支払うことが可能な点と、料金を支払ったことでカード会社のポイントが付くことといえます。

カード会社のポイントは現金や支払いにも利用できるところもありますが、アイテムに利用したり他社のポイントと合算することも可能です。利用しやすいのは事実ですが、利用方法を考えることで社会貢献や新たな体験にもつながります。積極的にためることによって、カードを効率よく活用するだけでなく、支払い面の効率化を図れて便利です。また、便利な点としては現金を持ち歩くコストを減らせることといえます。現金を持ち歩くことで盗難や落としてしまうリスクから開放される為、カードを持ち歩くことによってキャッシュフリーな生活を送れるのもメリットです。ただし、地方によってはカードを取り扱っていない店舗も珍しくありませんので、電子マネーを併用しているカードを作っておくと、カードが使えない店舗でも大変便利といわれています。

地域や店舗によっては別の会社のカードのみを取り扱っているところもあります。そのため、複数の会社のカードを使えるようになっている、カード会社との契約が大切です。会社によっては海外の会社と日本国内の会社と併用できるところも珍しくありません。もちろん、海外の会社の分にも契約したカード会社のポイントは付与されます。そのため、どちらのカード会社の分も積極的に利用することで、カードを効率よく活用できるといわれています。なお、カードを定期的に利用することで、カード会社からランクアップの連絡がくる可能性も少なくありません。積極的に使えば使うほど、サービスが充実する為、カードの仕組みを理解して契約することが、生活を豊かにしてくれるポイントとなります。

▲ ページトップへ